2006年02月19日

R−1ぐらんぷり決勝戦ですが……。

サーバーパンクにつき、ご迷惑をおかけしました。
一応、R−1についてひとことふたこと。

まず、これを書く前にピン芸というものの基本を考えてみた。
これはもう、わざわざ書くほどのものではないんだが。

漫才は(基本的に)ふたり。ピン芸はひとりである。
倍の人数でやっている以上、漫才のほうが倍ほど面白いはずである。
いや、むしろふたりでやる「化学反応」があるから、「1+1=2」以上のものが出されないとウソ。
しかし、実際にはそんなことはない。
「おもしろさ」を厳密に数値化することは難しいが(キロバトルというのは当然却下)、
「ピン芸のおもしろさは漫才の半分以下」ということは断じてない(ま、個々の資質にはよるけれど)。
影マイクやめくりのフリップ、時には筋肉(?)を相方がわりにして工夫をしてひとりでやっているハンデをカバーする。
もしくは意外な展開とか、演技力とか、小道具の手の込み方とか『ひとりならでは』の部分で、
笑い以外の『すごいなあ〜』という部分をどうアピールするか。
ただし、そういう『ひとりならでは』のオリジナリティはこの大会ではほとんど評価されない。
第1回だいたひかる、第2回浅越ゴエ、第3回ほっしゃん……という流れから見ても、共通項は明らかでしょ。すなわち、フレーズが面白い、というタイプの人が勝っているわけだ。
そこから考えたら、今年も3人くらいに絞れるわけだけど、
一番優勝しそうな人のネタを大阪で見ていないので、分析ができない。
というわけで、今回は優勝者予想は控えさせていただきます。あしからず。

ただ、番組はぜひ見てくださいね。
フェブラリーS後の夕方4時5分からですよ〜!
posted by 梶原もじゃ at 12:35| Comment(3) | TrackBack(1) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
博多華丸でしたね、東北に住んでるんでTVだととんねるずの番組でしか見たことはないんだけど。やはり児玉さんネタだったけどあちこちでアレをやってるのかしら?
Posted by なべっち at 2006年02月19日 17:17
>>倍の人数でやっている以上、漫才のほうが倍ほど面白いはずである。

これはいくらなんでも乱暴ではないかい?
Posted by ひめ at 2006年02月19日 20:53
>なべっちさま
 いらっしゃいませ!
 まあ、勢いとかを考えても、どう考えてもこの人でしたね。
 昔、アタック25に出たことがある私としてはただただ感激です。
 なお、しばらくは児玉清ネタばっかりお目見えすることになるでしょうが、
 本人的には「3番目のネタ」なのだそうで。
 いったん、「消費し尽くされた」後で、
 二の足を使える底力を持っていることを期待したいですね。
 芸歴も長いんですから。

>ひめさま
 >>倍の人数でやっている以上、漫才のほうが倍ほど面白いはずである。

 これはいくらなんでも乱暴ではないかい?

……もちろん、乱暴ですよ!(キッパリ)
  それを承知で書いているわけですし。
  ただ、私がここで書きたかった本旨は
  やっぱりピン芸とコンビ芸というのは本質的に違いがあること。

4分というある程度長い時間で競うことになれば、
「掛け合いの妙」みたいなものがある漫才のほうが分があるはずだし、
一方、ピン芸のほうは瞬間的なインパクトが大切になる
(エンタの神様にピン芸が多いのも、そういうことっすよね)。

そう考えていくと、そもそも「M−1」と「R−1」を同じ審査基準のつもりで
見るのは無理があるんじゃないか……そんな気がしたんですよね、準決勝とかを見てて。
いっそのこと、鴻上尚次とかいとうせいこうとか、
そのあたりを審査員にしたほうがいいのかもなあ。
私はそんなん、見たくないけど。

個人的にオススメしたいのは、審査員全員の口に牛乳を含ませて、
いちばん多くの牛乳を吹かせたヤツが優勝
……という方式だけど(笑)。
Posted by 梶原もじゃ at 2006年02月20日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[R-1][テレビ][漫才] 「R-1ぐらんぷり2006」
Excerpt: 事前にネタバレしているサイトをチラッと見て、誰かか読まなかったんですが、本命サイドの決着だったということは知っていたのと、僕は今日出かけていたのでビデオで後から見たのですが、生で見ていた人からレベルが..
Weblog: 昨日の風はどんなのだっけ?
Tracked: 2006-02-19 23:06