2006年02月25日

だからカーリングは面白いんだってば!

カーリングの面白さに気が付いたみなさん、カーリングはまだ終わってませんよ。

25日(土)午後4時から、衛星放送を見られる方はNHKのBS1をぜひ見てください
(ちょっと長いけど)。
カーリングにあってサッカーにない魅力は「逆転(同点)満塁ホームランの興奮」。
それを堪能させてくれる試合です。

どっちでも構いませんので、どちらかを応援することに決めて、見てみてください。
きっかけは女子選手の容姿でもかまいません。
でも、そこからカーリングの面白さに気づいてもらえれば。

競馬中継終わりに、ぜひどうぞ!

あと、長野五輪カーリング男子予選リーグの日本−アメリカ戦のVTRもぜひ見ていただきたい。

第10エンド、日本チームのラストショットで「1年に1度」のスーパーショットを繰り出し、
決勝トーナメント進出かと思った矢先、
アメリカチームのラストショットで「4年に1度」のウルトラショットを繰り出され届かず。
人目もはばからず号泣する様は、「カーリング界の10・19川崎球場」(カーリング界のジョホールバルでも可)ともいえる一戦です。
このVTRを改めてみたいんだけど、どこかにないかなあ?

追伸 阪急杯は、母カーリングのローエングリンで(笑)。

追記および修正 あとで確認しなおしてみたら、
        面白かったのは女子の決勝のほうだったようです。
        男子のほうはやや大味かな?
        ま、それでも見てみてください。
posted by 梶原もじゃ at 08:50| Comment(5) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親からチャンネル権を奪えず見れませんでした。
ビデオやDVD出すには時間が長いですからねぇ。

ところで映画「シムソンズ」観ましたか?
どうなんでしょう?
私はファーストデーに行けたら行こうかと思っています。
Posted by りばーせきとば at 2006年02月25日 23:45
 なんやかんやで男女とも準決勝以降をほとんど見れず……。青森まで全日本選手権を観に行こうかしら。
 ちなみに私はミリアム・オット(スイス/スキップ)選手にメロメロでした。バンクーバーにも出てこないかなぁ。
Posted by 伊吹雅也 at 2006年02月26日 02:10
私も準決勝以降は殆ど見られませんでした。
最大の戦犯は、準決勝の録画放送のスケジュール確認の為に見たNHKのサイト。同日のページにもう決勝・3決のカード書いてあるから結果丸分かりでやんの(泣)。

ちなみに私はアメリカのキャシー・ジョンソン(http://www.nbcolympics.com/2006/0213/5104036_640X480.jpg)にやられました。トリノの直前にJSPORTSだかESPNだかで05年世界選手権の決勝(スウェーデンVSアメリカ)やってるのを偶然見て、カーリング熱に火が着いたのでした。
Posted by 半笑い at 2006年02月28日 06:04
いやー、さすがここの住民の方は目が肥えてらっしゃる。
カーリング、けっこう見てたんですね、みなさん。

>りばーせきとばさま
シムソンズ、僕もぜひ見に行きたいんですよ。
知り合いのアナウンサーの方も出演しているらしいので……。

>伊吹雅也さま
青森代表に募金するほどアツイ応援、
素晴らしかったです。
オレも先週の負けを募金すればよかったなあ……(笑)。

>半笑いさま
みなさん、注目の選手がそれぞれいて、面白いですねえ。
ちなみに、カーリング日本女子の話をすると、
本橋麻里(マリリン)と小野寺歩のどっちが好みか、
つまりポッチャリ好きとキャシャ好きにキレイに分かれるのが興味深かった。
その間を縫って、「実は目黒さん萌え〜」とか言ってる人もいて、
需要と供給のバランスってうまいことできてるんだなあと感動しきり。
これって、全盛期のモーニング娘。と同じギミックが機能していたということかなと。
どこかの誰かが「カーリング娘。」といい始めたのは、
ある意味言い得て妙だなと思いました。
Posted by 梶原もじゃ at 2006年02月28日 10:15

『シムソンズ』、観てきました!
で、あらためて分かったこと。
自分は小野寺選手のあの北海道弁の声がよかったんだなと。
「見えてるしょ?」とかたまらなかった!←変なヤツ

Posted by りばーせきとば at 2006年03月02日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

カーリング娘。に捧ぐ
Excerpt: トリノで唯一無比の感動を与えてくれた「カー娘。」ことカーリング日本代表チーム青森。 凱旋帰国では成田も大盛り上がりだったというし、こりゃキタな。・・・ん?これって荒川と同じ便だから人が大勢いただけじ..
Weblog: 「破滅へのカウントダウン」〜“半笑い”のやさぐれ博打日記
Tracked: 2006-03-01 22:10