2007年12月23日

2007グランプリ予想!

ハイ、もはや年末恒例となっているグランプリのお約束予想です。
今年は準決勝を見ていない以上、状況証拠とか聞いた話で予想するしかないので、
自信度は低いですが。

◎トータルテンボス
今年未見。はじめて出たときにやった「キムジョンいる(動詞)」はいまだにオイラの頭の中に残っている。
言葉選びのセンスは突出しており、まだネタが割れていないこと、出番順などいろいろなプラスファクターが大きい。
加えて、ここ最近の優勝者はすべて、「前年に審査員から褒められていた」という共通項がある。
前年松本人志が「もっと点をあげてもいいと思うんですけどねー」と言っていたことを考慮すると、
今年は松本(ほぼイコール紳助)が推してくる可能性が高いのでは。
断然の本命。

○笑い飯
今年未見。というか、最近、テレビでやる気のない笑い飯しか見てへん。
ただ、準決勝を見た人のブログを見ていると、
今年は一昨年の2本目でやった「お誕生会」級の変化球を用意しているらしいんだよねえ。
そんな評価の受け売りなので、あんまり根拠はない。
ただし、「笑い飯1年周期理論」みたいなのがあって、
2年前のお誕生会、4年前の奈良民族博物館と1年おきに爆発している印象がある。
昨年の「うがらい」で不発だった(でも去年はどうやってもチュートリアルでしたからね)から、
マグマをためている今年は『最後のチャンス』か。Wボケ以外に、どれだけ『驚き』があるか。それ次第。

よほどのことがない限り、今年のメンバーだとこのどちらかが優勝します!

▲麒麟
3回戦で見たんだけど、軽く流してやっているようにしか見えなかったんだよねえ。
それが3回戦だったからなのか、それとも売れすぎてネタを詰めている時間がなかったからなのか。
ただ、準決勝を落ちたということは、やっぱりイマイチだったということだよね。
そんなコンビが本当に敗者復活で上がってくるのか。
『台本通り』に麒麟枠で上がってくるならば、その勢いに乗って……という可能性もなくはないが。
ただ、空気的には(敗者復活ではなかったが)2年目の南海キャンディーズに近い。

△POISON GIRL BAND
今年、予選を生で見た中で、いちばん面白いと思ったコンビ(3回戦で見た)。
事前予想でも書いたけど、ポイズンっぽさそのままで、去年よりわかりやすいネタだったんだよねえ。
しかも、準決勝では別のネタをやったらしい。つまり、キラーネタが2本あるということ。
これはぜひ、2本見てみたいなあ。
ただ、痛恨の出番2番目。しかも別の変化球である笑い飯の後。
ホントに出番順の運がないなあ、このコンビ。
ひとまず、ジワジワと笑わせて、左半分のほうの審査員のポイントを稼いで、なんとか2本やってもらいたい。
とはいえ、このコンビがポイントを稼ぐと、これ以降のコンビがインフレ傾向になる可能背がある。
そうなると今度は、笑い飯の上位3頭が怪しくなる可能性が。
実はこの大会のカギを握っているのがこのコンビだ。
ネタ自身だけでなく、どういう空気を作るかにも注目!

あとは無印なので、簡単にコメントを。
・キングコング
2丁拳銃、タカアンドトシ、品川庄司などM-1ベテランのお約束である「四位枠」になりそう。
1回戦で見たときは、けっこう笑っちゃったけどね、不覚にも(笑)。

・ザブングル
3回戦で見た。自分の中では、3回戦でも当落線上だったんだけどなあ。
去年の準決勝で、小田急のエンピツを割った時のほうが好きでした。
とりあえず今年は、最終決戦に残れなくて、「悔しいです!」と言うと思わせて言わず、
今ちゃんから「『悔しいです!』……言わへんのかい!」とツッコまれるに1票。
これがいちばん当たりそうな気がする(笑)

・ハリセンボン
「角野卓造じゃねえよ!」以外で笑ったことがないので。
ほかにどんな引き出しがあるのか、楽しみにしたい。

・千鳥
すいません、面白いと思ったことがないんだよねえ。
「ペタジーニ」を超えるネタができるかな?

・ダイアン
ここで面白いという印象を残しておかないと、来年以降の審査の印象に響く。来年の仕事量にもね。
ここは大事な初出場組。

以上です!
えっ、有馬? レゴラス(笑)
ホントは、サンツェッペリンとデルタブルースのどちらかで迷ってます。
ね、やる気ないでしょ。

では、競馬場に行って来マース。どっちの?
posted by 梶原もじゃ at 10:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74212220

この記事へのトラックバック