2009年12月16日

毎度おなじみ、グランプリ予想!2009

 ハイ、今年も『そっちのグランプリかい!』というツッコミができないタイミングでのM−1グランプリ予想ですよ。
 競馬の予想は当たらない梶原ですが、M−1グランプリの戦力比較はそれなりに的確とお褒めいただいてます。とはいえ、今年は準決勝は未見、大阪の予選もまったく見てませんので、多少精度は落ちると思いますが。では、まず絶対に優勝はないコンビから書いていきましょう。

…南海キャンディーズ 15倍
 3回戦で見た時に、バカウケしていて、たしかに面白かったんだけど、このコンビには致命的な欠点がある。
ボケのない時間が多すぎる=ボケの手数が少ないのだ。
昨年優勝したNON STYLEに代表されるように、
ここ2〜3年はとくに、とにかくボケの手数を多くして、
その中にビッグヒットがあった組が上位に評価される流れになっている。
麒麟とかも最後のほうはそれで苦戦していたが、
南海キャンディーズにおいても初出場して世間に大きなインパクトを与えた頃ならまだしも、
M−1決勝出場者のネタの傾向が変わってきている今は基本スタンスが変わっていないので厳しい。
山ちゃんはホントに笑いを研究していて、ひとつひとつのフレーズをハズさない。
少ないながらも確実に笑かしてくれているスタイル、個人的には好きなのだが。

…東京ダイナマイト 10倍
 吉本に移籍してよかったね。
最初に所属していた事務所所属の人が「事務所を辞める時に、
『オレはこの事務所を踏み台にして売れるから』と言い残して辞めていった」と怒ってたけど。
でも、ま、それも芸人の道。
個人的にはあまり好きな芸風ではないが、ネタのテクニックはあるので、ベタっぽいことをやればそこそこ行く可能性も。
でも東京ダイナマイトなりに攻めるんだろうな。
ここのスタイルも、基本的に手数が少ない。
昨年まで(本人はバカウケしてたと思ってて)、
それでも決勝に行けなかったのは吉本じゃなかったからと思ってる節があったのだが、
吉本としても「吉本に移籍したから優勝した」と言われたくないだろうし
(これで優勝しちゃったら、ほかの芸人も追随する人出ちゃうよね)、
決勝進出まででヨシとしてほしいコンビかなあ。

…ハライチ 50倍
 いやー、よく決勝に通してくれたなあ。
もう、M−1決勝の生放送で「信長の……ヤーツ」が見られるだけでも、
ハライチ贔屓としてはうれしい。
ハッキリ言ってベタではないし、わからない人はほっときますよー
……ってスタイルなので、おそらくM−1ではダダスベリするだろう。
でも、見てる人の3人に1人くらいが、あとからボディーブローのように効いてくれれば大成功。
ツッコまないという意味ではポイズンガールバンドに近いけど、
ハライチはもっとストーリー展開が奇想天外。
不思議な間の取り方と、突拍子もない話の持っていきかたに注目いただきたい。
おそらく松ちゃん単体ならかなり好きなタイプのネタだと思うんだけど、
横に紳助がいる以上、M−1審査員席では単なる『島田紳助B』になってしまう。
そんな事情もあり、ひとりだけいい点数をつけることはないのかもしれない。
とりあえず、ネタ後に松ちゃんがどんなコメントをするかを楽しみにしたい。
優勝予想としては無印だけど、個人的にいちばん楽しみなコンビ。

…ハリセンボン 20倍
 3回戦でやってたネタを準決勝でもやって、順当に決勝進出したようだ。
手元のメモには「煮物、さすが!」と書いている。
ネタから「角野卓造じゃねえよ!」を封印し、「このふたりじゃないとできない漫才」を見せている。
ただ、基本的には自虐ネタ。
言葉遊びという点では一枚落ちるので、ネタのテクニックを重視する傾向にあるM−1では優勝までは厳しい。
確実にウケは取るし、『牝馬』というアローワンスはあるので、
3〜4位くらいまで食い込んでくる可能性は十分にあるけど。

…パンクブーブー 15倍
 3回戦を見てたと思うんだけど、ほとんど記憶に残ってない。
3日目の大トリで、集中力が切れてたのかなあ。
メモには「何かハマったことある? 陶芸家に弟子入りしたい人。うまい」と書いている。
うまかったんだなあ。
「オンエアバトル」の常連というイメージで、突き抜けるほどではないと思う。
基本的には三拍子とか磁石とかと同じ「準決勝の常連」という評価だと思う。
今回決勝にうまく出られたけど、優勝まではといえば……。
世間にほとんどまだバレてないので、ネタがフレッシュなのはいいと思いますが。

では、いよいよ有力どころの予想です。

◎モンスターエンジン 4倍
 ゴメンナサイ、ハッキリ言って、押し出された本命、自信なし。
なにしろ、今年のM−1の予選では一度も見てないし、
テレビで見るのといったら『手が気持ち悪いゴッドハンド』になってるアレだけだし。

去年のネタは「ボケのない時間が多いネタ」だったが、
そこをうまく修正すれば一気の優勝もあるかも。上り調子の勢いに期待。

○ナイツ 3倍
 本来なら本命にしたいんだけど、なにしろ3回戦で見た印象が悪すぎて。
詳しくは何項目か前に書いた「M−1グランプリ3回戦レビュー」を見てもらいたいのだけれど、
ヤホーのフレーズを使わず、とにかく流してネタをやってヒョロっとウケて軽ーく準決勝進出しちゃったので、
今年のネタの印象がまったくわからない。
準決勝では勝負ネタっぽいのを出してバカウケしてたらしいけど、
そのネタがどのようなものなのか。
ひとついえることは、昨年と同じような作りで『ヤホー漫才』をやったら勝てないということ。
はたして新境地はあるのか。

▲タイムマシーン3号(敗者復活枠) 5倍
 3回戦のネタのデキ、ウケ方を見て「決勝進出確実」と書いたんだけど、
なぜか選ばれず。不思議だなあと思ったら、どうやら準決勝では違うネタをやったみたい。
『AKB48』がキーフレーズと書いたのだが、披露さえせずではどうにもならん。
チョイス間違えたな……。巻き返しを期して、敗者復活では3回戦のネタをやってくれると思う。
そうすれば、普通に敗者復活で決勝に来れるような気がする。
敗者復活して勢いがつけば、一気に最終決戦まで上がるのが最近の傾向。
ちゃんと『AKB48』やってくれよー。もはや願望。

★笑い飯 4倍
 ここまでメンバーが落ちると、『笑い飯』を優勝させるためのメンバーとすら思えてくるんだよなあ。
最後の大チャンスであるのは間違いない。
今年のネタをまったく見てないのだが、今年もバカウケしてたらしい。
ただ、笑い飯は例年「大阪の準決勝でやったネタを決勝でやって、決勝ではイマイチはまらなかった」というのがパターン。
Wボケというスタイルの元祖なのだが、そのボケに稚拙なモノがけっこうまじってて、
しかも審査員が毎年見てるので飽きてきてるというハンデは重い。
それに大阪のNGKは「ホーム」なのでお客さんも暖かいが、
東京のテレビ朝日のスタジオでは「アウェー」でみんなが笑い飯を暖かく受け入れてくれるわけだはないという事実もある。
客席みんなを笑わせて、「こいつアホやなあ、でもアホすぎて面白い」と言わせるネタなのかどうか。
いい空気を作れるかどうか。最終決戦3組に入れるかどうかのカギはそこにある。
ミスターM−1、一度は優勝させてあげたいのはやまやまなのだが。

以上、エラそうなこと書いてゴメンナサイ。でも、世界一面白いお笑いステージ、今年も楽しみです。いざ、大井競馬場へ!
posted by 梶原もじゃ at 08:49| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

perfume@横浜アリーナ

20091031132751.jpg
ってどんだけ!?(セヴンスヘヴン)

いやー、ホンマにやっちゃったい、まさかの『中24時間』!(笑)

しかーし、今日はホントに来てよかったよ(o^-^o)
この感動をどう伝えたらいいかなあ。
とりあえず、perfumeキモいとか言ってるヤツ、いっぺん見に来いやー。
たしかに芸能人の中では綺麗とか、美人なタイプではないけれど、そこがまたいいんですよ。

3人が最後に見せた『溢れおちる涙は全部宝物』です!

そして、立ち見で全体がよく見えなかった昨日とは違って、ステージ全体がよく見渡せるとてもよい席でした。

で、改めてステージをじっくり見てると、一曲一曲が非常によい。
とくに会場全体をレーザーで演出する『edge』は出色のデキでした。やべえ。

そして、チョコレイトディスコ、ポリリズム、パピーラブからアンコールでパーフェクトスター、perfumeに。あの会場の一体感は、昨日がイマイチだったぶん余計にスゴかった。
そして、3人が感極まった『願い』。なんか、ものすごい感動的な空気でステージ終了……と思いきや、そのあとボーナストラックでエンディングロール。なんか、ものすごーく素敵な3時間でした。
あの場所にいてよかった。
そして、かしゆかのジョジョ立ち最高!

あーちゃんはさらに泣きすぎでした。でもよかった。
のっちは、トークはスベってたけどやっぱりかわいかった。

というわけで、今日はまだ現実に戻りきれておらず、競馬場で買った馬券はこれだけでした(笑)

おあとがよろしいようで。
posted by 梶原もじゃ at 17:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

Perfume@新潟県民会館

20090822172746.jpg
♪♪♪♪

ちょっと前に行ったライヴですが。
いやー、のっちはイイ。とくにショートカットの髪が左右に揺れるあの感じが無敵だ。ショートカットフェチを自称してる私ですが、それを強く認識しなおしたライヴでした……って、書いてることキモい?
ライヴもなかなかいい内容。アリーナの会場と違って、小さめのホールでの公演だったから、3人がかなり近くで見れてよかった。
posted by 梶原もじゃ at 22:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

フェス2日目!


そうとう遅くなりましたが、誰も望んでないロックインジャパンフェス2日目に見たバンドリストです。いいんです、自分用の備忘録やから(笑)

♪9mm parabellum bullet
このフェスで、ある意味いちばん見たかったかもしれなかった。だって、むっちゃ盛り上がりそうな歌やもん。でも、寝坊して出遅れた……。ダッシュして、やっと着いたときには残り3曲。当然会場のボルテージはMAX。いちおう、間に合ってよかったということにしておこう。それにしても、ロックファンじゃなくて一般的な方々にとってはそんなにメジャーな存在ではないと思うから、きっと知らなかった人も多かったと思うんだけど、そんな人まで巻き込んであそこまで盛り上げるパワー。こりゃ売れるわ……と思いました。

♪木村カエラ
ガールズポップ&ロック大好きな私なんだけど、どういうわけかカエラちゃんだけはオレのツボに入ってこないんだよなあ。でも、ライヴでのパフォーマンス、客とのコミュニケーションはいつもすばらしい。実はフェス向きの人だよね。「バンザイ」は好きです。たぶんこのあと「リルハリルラ」やるんだろうなあというタイミングで中座して、本日の裏メインの会場へ……。

♪泉谷しげる
本日の裏メインはこの方。正直、歌は春夏秋冬くらいしか知らないんだけど、ぜったい面白そうだよね。
というわけで、はじまる前から「しげる!」コール→「呼ぶんじゃねぇ!」の返しで爆笑を取り、あとはステージ飛び降りたあと、「もうダメ」と繰り返し、最終的には自力で上がってこれないくらいに燃え尽きてはりました。面白かった。最初の出演者に名前載ってた時には「なんで泉谷やねん!」と思ったものですが、見てみるとやっぱし面白かった。「忌野!」とひとこと言って歌った「雨上がりの夜空に」もカッコよかった。
それにしても、思ったのは今の時代、見るほうもいろいろと多くを知りすぎるようになっちゃったんだよなあ……ってこと。
だって、泉谷しげるって、バリバリやってた頃はアナーキーでカッコイイって思われてたわけでしょ。それが実はいい人だとバレちゃってるわけで。泉谷は別にそれで問題ないわけだけども、今の時代って、タレントイメージ作るの、けっこう大変だなあと。余計なお世話ですけど。

♪リップスライム
泉谷終わって、ダッシュでメインステージのほうまで行くと、ちょうど常夏ベイベーに間に合った。この歌と熱帯夜は鉄板です。
もう毎年見てるので、とくに新たな感動は少ないんだけど、常に85点のパフォーマンスをしてくれて楽しい。何より、オレらの世代にもやさしいヒップホップというのが素晴らしい!
ホンマ、「オレがオレが」ってのが少なくて、しかも適度なピコピコ感がファミコン世代にも響く。歌詞も意外とおっちゃんで、唯一好きなヒップホップグループです。この日のトリのドラゴンアッシュなんて、ろくに見ずに帰っちゃったもん(笑)。

♪吉井和哉
もう、この人ソロじゃキツイやろと、シートで寝転びながら見てると、登場するなりイエモンの「楽園」歌いだした。いきなり盛り上がる会場。あわてて客席エリアに行くが、そのあとはソロの歌をやっていた。ゴメン、知らないのよ……。そのあとサンボマスターに行かなきゃ行けなかったので、移動したが、最後に「JAM」やってたらしい。聞きたかったなあ。
こうやってバンドで売れて、ソロでやってる人って、昔のイメージがあるからなかなか新しいことしても売れなくて、本当に大変だと思う。とくにひとりでやってると、解散ってのができないだけに、とくに。

♪ストレイテナー
ちらっと見ただけ。ええ、のっちの彼氏が見たかっただけですよーだ。軽くメンチ切っといた、一方的に。

♪サンボマスター
去年いちばん感動したバンドだったので、今年も楽しみにしてたんだけど……。今回は一回り小さいレイクステージで、しかも同じ時間帯のグラスステージがアジカン。そりゃ、向こうに行くっしょ。このふたつを同じ時間に並べるのはイカガナモノカと。今年最大のミスブッキングでしょう。おかげで、かなりスペースは空いてました。ま、ステージの最前列で騒いでたので、後ろ空いてようが関係なかったのですが。
山口は相変わらず気が狂うほど絶叫していたけれど、去年のステージの柱をよじ登るほどの感極まりぶりはなかったなあ。アジカンも見たかった……。

♪ドラゴンアッシュ
いちおう、最初だけは見たんですよ。でも、あんまり好きじゃないなあ。
感想としては、おっぱいということで(笑)
posted by 梶原もじゃ at 11:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

フェス最終日!


あれっ、2日目は?

いや、先に最終日の感動を覚めないうちに書き留めておきます。

♪矢沢永吉
まさかの朝イチで永ちゃん。ハイ、もう生で見ることができただけでよかった。ま、歌はほとんど知らないんだけど、タオル投げ、マイクスタンド回しなどがしっかり見られてよかった。スタンド回し、あれ、むっちゃカッコイイ。
ゅうか、存在自体がカッコイイです。スゴい!

♪音速ライン
まったく初見のバンド。おおっ、メンバー全員が、ものすごい文科系!なんか、「俺ら、もてたいよなー」「じゃ、バンドやろうぜ」みたいな空気をものすごく感じる。
ライヴの途中で、疲れた〜って言ってたし。でも、「会いたい」はなかなかいい曲。甘ーい歌が青臭さ満開。けっこう好きかも。

♪マキシマムザホルモン
去年は、前代未聞の同じ歌を連続3回→勢いで次のRIP SRIMEに乱入と好き放題(褒め言葉)だったが、今回はかなーりオーソドックスだったと思う。
とはいえ、ステージはいつものようにメチャ盛り上がり。基本アナーキーのはずなのに、いよいよメジャーになってきたかな。本人たちがそれを望んでるのかどうかはしらんけど。楽しかった。

♪HY
懐かしいなあ。爽やかだなあ。ホワイトビーチいいなあ。
でも、いつやっても75点のステージをやってくれる人って感じかな。永遠の青いバンドだね。いい意味で。

♪Superfly
今回のフェスの「惚れてまうやろ大賞」は彼女に決定!
歌うまいのはまあ言うまでもないとして、その歌声と、舌足らずでカワイイ普段のMCとのギャップにクラリ。しかも、きっちり客イジリを心得ており、まったり聞いてた観衆をノリノリに持って行くことに成功。いやー、やるわ。
しかも、ディーヴァ系にありがちな、自己顕示欲がほどよくセーブされてるから、とても心地よい。中島美嘉とかとはぜんぜん違う。

歌も知ってる歌ばっかしで、気がつけば前のエリアまで行ってた。久々に、聞いてて鳥肌が立った。感動。
またライヴ見たいなあ。

それとわかる人だけ共感してほしいんだけど、Superflyって、おっぱいを小さくしたかわりに、歌をムチャクチャうまくした柳沼淳子みたいやな。いずれかの顔がよくわからない方は、画像検索してくださいませ。

♪PUFFY
サウンドオブフォレストが溢れ返ってた。今日のステージセッティングミスはここだろう。
で、久々にPUFFY見たけど、あれやね、なんか今のPUFFYってものすごくロックな感じになってるのね。
人が多すぎてあんまりしっかり見られなかったけど、やっぱりいちばん盛り上がっていたのはアジアの純真と渚にまつわるエトセトラだった。これからも、ずっとこの事実と戦っていくことになるんだろうな。

♪グループ魂
すでに記憶から抹消。見なきゃよかった。オレ、こう見えて下ネタは嫌いなのよ、実は。しかも、面白くなかったし。
最初のペニスジャパンで気持ち悪くなって、自発的に退席させていただきました。でも、早めにレイクステージを出られたおかげでKREVAが前のほうで見ることができました。

♪KREVA
すげー。ホントに自分好きなんだなー。春日のここ、空いてますよー……って感じの人でした。素はいい人であってほしい。
キック・ザ・カン・クルーで一曲やって、これがすごくよかった。なかなか楽しかった。

♪ユニコーン(UNICORN)
なんと、前から3列目、ステージから5mくらいのとこで見ちゃった。スゴかったけど、あの場所はステージをしっかり見て、感想を書ける場所じゃない。
でも、やってほしいなあと思った歌をひととおりやってくれて、ここでコレがくるんだろうなあというところでそんな歌が来るという、痒いところに手が届く構成でした。
何より、ノリノリの環境で「大迷惑」を躍り狂うことができたことで、オイラの死ぬまでにしたいことリストのひとつをクリアできました。ありがとうユニコーン、ありがとうロックイン。

最後に、今回のフェスのMVPはウルフルズやけど、ホンマのMVPはオテントサンだと思う。初日と最終日は雨予報ながら、結局ポツポツと暖まった体を冷やす程度の雨が降っただけで、あとはほぼ曇り空。カンカン照りよりもたいへん涼しくて、風が心地よい。おかげでフェス史上に残るくらい、快適にすごせました。全部終わるのを待つかのように、帰りのバスに乗る前になって雨が本降りになってきた時には、感動さえ覚えたよ。
天気の神様、ロックの神様、そして会場の晴れ男&晴れ女、ホントにありがとう。
10年目にふさわしい、すばらしいフェスでした。
しばらく、現実に戻りきれない生活を味わいます。
また来年っ!
posted by 梶原もじゃ at 01:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

佐世保バーガー。

20090802102823.jpg
posted by 梶原もじゃ at 10:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

ROCK IN JAPAN FES 2009 初日!

20090731132652.jpg20090731134618.jpg♪Perfume

しょっぱなからパフューム!
オイラのメインでテンション上がりまくり……のはずですが、まさかのスタート時間勘違いで、もう始まってた(涙)
でも3曲目のドリームファイターには間に合い、精神的ダメージは最小限で食い止めた。

チョコレイトディスコ→ポリリズムの鉄板チューンにも間に合ったし。
でも、去年ほどの感動がないのはなぜだろう。
あ〜ちゃんのトークにもキレがなかったし。

あと、会場がグリーンステージに昇格して、3万人のうちの前3000人くらいだけが盛り上がって、あとは冷めてるという状態になっていた。この会場では、多少アウェー感は否めなかったなあ。

ひとまず、頑張れあ〜ちゃん!ということで。

♪チャットモンチー
客寄せパンダゾーン第二弾(笑)。去年よりも人が多くてビックリした。
Perfumeに続いて、非ロックにも思えるけど、ちゃんとロックになってるんだよねぇ。でも、会場全体は暖まらなかったかな。
えっちゃん、今日は声の出もいまいちだったなー。
明日ダメダメでも、私は許します(byやさしさ)
頑張れえっちゃん!

♪BEAT CRUSADERS
けっこうオッサンのバンドだったんだね。ボーカルは今年41とか。
でも、客3万人がノリノリでした。オレもノリノリ。曲もろくすっぽしらないにもかかわらず。すばらしい。
MCはスベってたけど、ご愛敬ということで。
いいライヴだった。

♪奥田民生ひとり股旅
本日のまったりゾーン。お客さんもまったり。ホント、ここのお客さんは空気がわかってらっしゃる。民生も自分の立ち位置がわかってらっしゃる。
ウルフルズやくるりの歌をカバーするオマケもあって、最後はさすらい。
満足しながらも、充電完了。

♪ウルフルズ
今回が関東圏ラストライヴ。で、いきなりガッツだぜ!
なに、この1曲目から全員をスーパーハイテンションに持って行く空気は。
続いてバンザイ。全員合唱。スゴい。スゴすぎる。

あとはヒット曲オンパレード。

今回、人に読ませる文で、初めて『ヤバい』という言葉を使わせていただきます。
そうか、ヤバいはこういう時に使うんだな。

初日にして、このフェスのベストアクトのひとつに確定でした。
感動。ありがとうトータス。ありがとうウルフルズ。

惜しむらくは、これがはじめてのウルフルズだったこと。もっと見てたらよかったなあ。

明日も載せるかな?気が向いたらやります!

画像は、今回はじめと並んで食べた、このフェス名物、みなと屋のハム焼き。並んでる理由がよくわかった。んまいっ!
posted by 梶原もじゃ at 11:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

ロックインジャパンフェスティバル!

20090731123225.jpg
今年も来ましたよー。
誰にも頼まれてないけど、レポートをお送りしていきます!
posted by 梶原もじゃ at 12:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

チャットモンチー@Zepp Tokyo

20090705195851.jpg
某所でウィザードリィの伝道師だった須田PINさんにお会いし、「ブログ見てるよ〜」と言われてしまいました。なぜか、ホントによくブログ見てると言われるんですよねー。こんなに更新しなくてゴメンなさいm(_ _)m
頑張らずに更新していきますので、よろしくお願いします。毎日は書きません!


♪♪♪

チャットモンチーのライヴハウスツアー最終日。けっこうアッという間の2時間でした。
チャットモンチーといえばボーカルのえっちゃんと残念なふたりという3人組ですが(もうちょい言葉選んで書けよ)、人前に慣れてくると、それなりになってくるから不思議なもんです。ちなみに、これを俗にKiroro現象と呼びます。呼ばないか。

で、私はこれまで、チャットモンチーのホールツアーやフェスティバル出演は見てたのですが、ライヴハウスでやるのを見るのは初めてでした。盛り上がるのかなーと思ったら、前のほうは、もう押し合いへし合いの大盛り上がり!
楽しかった!しかし、その反面、疲れて後ろに行くと、ぜんぜんノってなかったり。ノリのいい歌も多かったと思うんだけど、たしかにMCとかはまだ拙い部分もあったかなと。あと、えっちゃんが、前に見たときからあんまり成長してなかったのが気になったなあ。彼女は、あんまりうまくないギターがある意味魅力的なとこもあるのだが、さすがに多少は上達してるだろうなあと思ったけど、うーん。なーんとなく、なんか悩んでそうな気がしました。
楽曲としてはかなり好きな歌をほとんでやってくれたので大満足でした。

最新のアルバム「告白」はかなりいいデキ(1曲目の8cmのピンヒールがとくにすばらしい)で、いまもヘビーローテーションなんだけど、ライヴよりCDのほうがいい……と言われないように、もうひと頑張りしてほしいなと。

大好きであるがゆえの、愛ある星3つ。
もうひと皮剥ければ、もう一段階ブレイクできるはず。

って、どんだけエラそうやねん、オレ(^_^;)

あっ、そうそう、ライヴ中のMCで、残念なふたり(←だからその言い方やめいっ)がまさかの競馬トークしてビックリ!ドリームジャーニーから買って、宝塚記念当てたらしいっす。
JRAさん、CMのキャンペーンでいかがでしょうか?
posted by 梶原もじゃ at 08:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

自主的罰ゲーム。

200907092223000.jpg
さて、どこ帰りでしょう?
posted by 梶原もじゃ at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

「少年タカトシ」ライヴ

20090616085428.jpg


いやー、久々にひどいライヴを見た。金返せってヤツを。
タカトシのライヴっていうので楽しみにしてたら、なんとネタやらず。ゆるーいゲームコーナーだけで1時間半。しかも、相手がまだ腕の足りない若手芸人だから、恐ろしくつまらん。

あげくの果てには、「とにかくお金のない番組だから、ライヴやりました」だって。金取るなら、もうちょいそれなりのことやってほしかった。せめて1本でも、ネタやってくれたらよかったのに……。
タカトシといえば、「こいつらメチャクチャ努力してるなあ」と思わせる反射神経がウリのはず。それが、ゆるいことやってもよさが出ないよ。ちょっと、タカトシを見損なってしまうほどでした。ま、スタッフの問題もあるので、タカトシのせいにしてもしょうがないんだけどさあ。
posted by 梶原もじゃ at 09:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

LINDBERG@渋谷CClemonホール

20090530222715.jpg
♪♪♪♪♪

20周年記念ということで、復活再結成したリンドバーグのライヴ。
いやー、楽しかったし、懐かしかったなあ。

リンドバーグは、私の青春ど真ん中だった。
今すぐKISS ME、恋をしようよYeah Yeah!、もっと愛しあいましょ、HappyBirthday、リトルウイング、そしてBELIEVE IN LOVE。
相変わらず、あんまりうまくない渡瀬マキのボーカルが心地よい(でも、鳥羽弁はちょっと直ってる気がしたが。オールナイトニッポンやってたときは、もっとベタベタだった気も)。ま、元アイドルやもんね。
鉄板チューンに酔いしれました。

ちなみに、武道館決まったらしいっす。また行きたい!

そして、あとはプリプリやな。はやく帰ってこいっ!
posted by 梶原もじゃ at 09:42| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

キン肉マニア2009

20090529195840.jpg20090529210141.jpg
♪♪♪♪

実写版のキン肉マンがついに実現!
ということで、見てきました。

最初にファンが選ぶベストバウト、チャリティーオークションがあって試合に。最初にタッグトーナメントがあり、アシュラマン、サンシャインを破って、カナディアンマン、スペシャルマンと永田雅裕の最弱タッグが優勝!
ファンをくすぐる演出もオモロかったです。
そして、バッファロー吾郎、元モストデンジャラスコンビのケンドーコバヤシの解説もさすがキン肉マン芸人って感じでした。

その後、メインのミノワマンVSキン肉マンのカード(!)。まさかのミノワマンによるキン肉バスターに会場が沸きました。天井まで飛んでほしかったけどね(笑)

プロレスらしさはそのままに、マニアをくすぐる演出いっぱいで楽しかったっす。
でも、もっと試合を見たかったなあ。
posted by 梶原もじゃ at 09:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

perfume@代々木第一体育館

20090509174542.jpg
♪♪♪♪

やっとこさ取れたチケット。スタンドのいちばん後ろ。それでもいいんだ。やっぱperfumeはサイコー。
途中でやった、ノンストップディスコミックスが素晴らしすぎた。
でも、この子たちはもっとやれるはずだ。

夏にはじまるというツアーにもう一段上の期待。

チョコレイト……ディスコっ!

迎える今日をだきしめる〜……のっちー!!

以上。
posted by 梶原もじゃ at 16:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

超超超急募!

【緊急】大至急募集します。

◎ユニコーンが好きな方
◎4月28日水曜日の朝6時40分に羽田空港に来れる方
◎なおかつ、翌日の夜7時くらいまでヒマな方

以上の条件を満たす方、梶原もじゃとユニコーン広島ツアーを見に行きませんか?料金はライヴチケット代のみ(7350円)のみで、飛行機代、宿代は梶原が負担いたします。
興味のある方は、ぜひ御一報ください。

以上、よろしくお願いします。
posted by 梶原もじゃ at 18:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

番外編。

20090215144810.jpgフラウに載ってる、痩せた深田恭子が神すぎる件について。
かわいすぎる!
posted by 梶原もじゃ at 14:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

M1グランプリ敗者復活戦速報〜。

ほぼオードリーで決まり。オードリーの前の出番だった南海キャンディーズが、うまく場を暖めるアシストをしてくれましたね。個人的には、チーモンチョーチューも好きやったけどね。
posted by 梶原もじゃ at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

M-1グランプリ準決勝大阪速報〜。

低調でした。出てる数も東京の3分の2くらいなんだけど、内容ももの足りず。その中で唯一爆笑を取ったダイアンが当確。大阪はあと1枠か、せいぜい2枠でしょう。
いちおう、笑い飯を通してあげるか、麒麟枠として機能させるならモンスターエンジンか。けど、このへんを出すなら、磁石、U字工事、ザ・パンチなど、出したい人がいっぱいいる東京組に枠を回してほしいなあ。
東京の予選を見に行けないのが、悔しいですっ!
posted by 梶原もじゃ at 00:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

さよならうく。

RI.jpg以前に飼っていたフェレットの「うく」(本名・凛、7歳)が死にました。亡きがらの冷たい体を触るのは人も含めてはじめてだったけど、思い出が出てきて、とても悲しいね。
しばらくは喪に服します。カレーは食べるけど。
合掌。
posted by 梶原もじゃ at 08:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

キターーーーーーーーーーーーっ!

ここ最近、パッとした話題のなかった私。

しかし、ついにものすごくやる気の出るトピックが今日ありました。
書くのもおこがましいので、下に画像を載せておくので、それで推測してください。

億千分の1の確率に期待して、今年1年頑張ります(ナニを?)
では。

20080112223042.jpg
posted by 梶原もじゃ at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする