2020年02月13日

ジャンカレー(浜松町)

image0.jpeg
★★★★星2

チョンボカレー920円、野菜コロッケ90円。

浜松町の駅ビルの中のお店。もともと雀荘のランチメニューで出してたカレーだったのが、雀荘をやめてカレー屋&夜は居酒屋に!
メニューも麻雀の用語です。
今回は満貫カレー(ビーフカレー)と役満カレー(ジャワカレー)のハーフアンドハーフ。満貫と役満でなんでチョンボなのかはわかりませんが(笑)。でもおいしいからいーや!

役満をうたってるだけあって、とくにジャワカレーがうまかった。
ピリッと辛くて、牛肉ゴッソリで、しかも手作り感がある。並でも量は多くてコスパ高し!

けっこう種類もあるので、ひとつずつ攻めてみたいなあ。
posted by 梶原もじゃ at 13:25| 東京 ☁| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

遊(大正)

image0.jpeg
★★★星2

キーマカレーライス690円。

大阪ドーム近くの焼き鳥屋のシメカレー。普通においしいキーマカレーでした。
posted by 梶原もじゃ at 16:15| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

麻布十番薬膳カレー(麻布十番)

image0.jpeg
★★★

チキンカレーと豚挽肉の合いがけ薬膳カレー大盛り1200円。

東京でわりと流行りの、薬膳スパイスカレー。たくさんのスパイスを使った、優しいカレー。でも個人的には、体に悪くてもいいから、こってりしたカレーが食べたいかなあ。
posted by 梶原もじゃ at 12:52| 東京 ☁| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

奥芝商店駅前創生寺(札幌)

image0.jpeg
★★★★★!

ボトムザンギカリー1480円、揚げベーコン250円。

久々の奥芝商店……なのだが、いつの間にやら本店がなくなってた!
その代わりに札幌駅前に2店舗目ができたり、あちこち進出してる模様です。千歳市にもできてる模様。
いろんなところで奥芝食えるのはいいことやなー。

そして、場所は変わっても、奥芝の海老スープは無敵。やっぱうまいなあ。
ザンギも、これだけで看板メニューになるくらい優秀。
メチャうまかったです。
posted by 梶原もじゃ at 15:34| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

くいしんぼう(六本木)

image0.jpeg
★★★☆

牛すじカレー&ハンバーグ850円。

ハンバーグチェーン店のランチメニュー。東京に来てすぐの頃、阿佐ヶ谷でよく行ってたなあ。
で、ランチメニューのカレーですが、レトルトっぽい感じではなく、手作り風おかんのカレー。
好きなタイプのカレーでした。
看板のカレーの写真とは、ちょっと違う盛り付けやけど。
お得感はあります。
posted by 梶原もじゃ at 13:01| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

路地裏カレー侍(下北沢)

image0.jpeg
★★★★☆

SAMURAIまつり4種1815円。

札幌のスープカレーの雄、侍の東京店。札幌では野菜の素揚げがとっても美味いイメージのお店でしたが、東京ではその特徴はそのままに、具材を好きに選べるというギミックを追加。
今回は豚角煮、厚切りベーコン、チキン、エビ……って、ほぼ肉やないかい!(笑)
と、肉だらけのスープカレーにしたかなーと思ったが、これでもここのカレーの主役は野菜!
ホント、素揚げの加減が絶妙で、スープカレーがいい具合に染み込んで心地いい。もちろん肉も美味しいんだけど、どの具を食べてもとっても美味い。
北のスープカレーの雄は、東京でも文句なしの優等生でした。
posted by 梶原もじゃ at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

ケンモクカフェ(益子)

image0.jpeg
★★★☆

キッチンスロープオリジナルオムカレー1150円。

陶器の町、益子のオサレカフェのカレー屋さん。
とても優しい味で、辛さ控えめの上品カレーでした。
posted by 梶原もじゃ at 14:28| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

吉象カリー(京都駅)

image0.jpeg
★★★★★

吉象カリー390円。

京都駅八条口、アバンティ一階のカラースタンド。
トッピングなしのカレー390円は牛丼屋のカレーレベルのお値段ですが、カレーはここのほうが数倍うまい!
はじめ甘いんだけど、ジワジワ口の中に辛さが来るという、私のストライクゾーンど真ん中のカレー!
この値段でこの味なのだから、もっとはやってもいいと思うのだけど、宣伝が下手なのか、そもそも京都で観光客がカレー食わないからなのか、あまりはやってはなさそう。
こういうお店は続いてほしいので、応援したいと思います。
京都駅からすぐなので、ぜひ行ってみてください!
posted by 梶原もじゃ at 12:26| 東京 ☔| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

ドンピエール(品川)

image0.jpeg
★★★★

ロースカツカレー1280円。
品川プリンスホテルの下にあるフードコートのカレー。
いわゆる甘辛い欧風カレーで、私はこのタイプのカレーが大好き。
なかなか美味しかった。
ただホテルの中にあるお店なので、お値段はお高め。これが半分くらいの値段なら、通いたくなるレベルだけどなー。カツは普通。
posted by 梶原もじゃ at 21:01| 東京 🌁| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

そば処(王子)

image0.jpeg★★★★☆

カレー南蛮そば410円。

王子駅南口の立ち食いそば屋さん。
時間がなく、しょうがないなーと思って食べてみたら……なんじゃ、このクォリティ!
新潟バスターミナルのカレー的なダシが効いたおつゆが美味しいし、何より豚肉、タマネギが盛りだくさん!
これで410円はコスパ高い。
王子駅、侮れません。
posted by 梶原もじゃ at 14:43| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

国技堂(両国)

image1.jpegimage2.jpegimage3.jpeg
★★★☆

カレーとハッシュドビーフの合い盛り972円。
両国駅の近く、国技館とは反対側に少し進んだとこにある甘味屋さんのカレー。ハッシュドビーフとのあいがけが名物みたいです。
うん、ごく普通のハッシュドビーフと、新潟バスターミナル系のカレー。普通においしいです。
よく煮込んでる感じはしますね。
100円プラスで大盛りにすると、「エゲツないくらい」特盛りになるらしいので、今度はお腹を空かせて大盛りにしてみよう。
posted by 梶原もじゃ at 12:43| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国技堂(両国)



カレーとハッシュドビーフの合い盛り。

あー、いま、ノーマルで頼んじゃったよ……大盛りはだいぶお得なの?
posted by 梶原もじゃ at 12:27| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

マジックスパイス(下北沢)

image1.jpeg
★★★★★

ハンバーグカレー1160円、涅槃200円、ロールキャベツ140円、揚げドーフ100円、ライス大盛り110円。

スープカレーという存在を全国に知らしめてくれた金字塔のお店。

かくいう私ももう20年くらい前に北海道のマジスパ本店で食べて衝撃を受けて、その北海道滞在3日間で5回も行ってしまったりして。

それくらいのインパクトだった。
とはいえ、北海道でも下北沢でも、つい新規開拓のお店に行ってしまうため、マジックスパイスをいただくのはずいぶん久しぶりかも。

そして、具材には食べたことないハンバーグをチョイス。
いやー、美味しさは変わらないね。
他にいろいろ研究されたスープカレーも増えたから、飛び抜けてうまい……というのではなくなったかもしれないけれど、
変わらずの美味しさを続けられることはやっぱり素晴らしい。

歴史的殿堂入り店だと思います。
私のカレー史の中でも、ね!
posted by 梶原もじゃ at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

みぼうじんカレー(新橋)

image1.jpeg★★★☆

ビーフ野菜炒めカレー1000円。

ニュー新橋ビルで評判の、別に未亡人じゃない人がやっているカレー屋さん。

そんな店名のイメージを大きく裏切った、意外にも体育会系なカレー。
ご飯、カレーよりも面積を占める、野菜炒め!
これはきっと、ご飯もいいけど、野菜も食えよという店主からのメッセージ……なんだと思う。
カレーは、それそのもののコクはそれほど深くないけれど、野菜炒めによく合うようなサラッとした欧風カレー。
さすが激戦区新橋、お腹いっぱいになりました。

とはいえ、通常盛りだとご飯少なめなので、ライスは大盛り推奨ですね。
posted by 梶原もじゃ at 13:45| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

カレーの店KYUー(阿佐ヶ谷)

image1.jpeg
★★★★

やわらかチキンカレー850円。

東京に引っ越してきたとき、最初に住んだのが阿佐ヶ谷。とっても好きな街だったけど、久々にやってきました。

「たっぷりの素材をじっくり煮込んだおうちカレー」という触れ込みのお店。
そのコンセプト通り、まさにおかんのカレーという感じの優しいカレーです。
ご飯は白米と五穀米が選べますが。

とっても美味しかったです。
こういう懐かしい感じのカレー、オレは好きやなあ。
posted by 梶原もじゃ at 18:49| 東京 ☁| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

クウド(羽田空港)

image1.jpeg
★★★★

冷やしうどんとトマトカレーうどんのハーフアンドハーフ1400円。

羽田空港が最近いい感じ。
改装やフロア増が進み、ちょっとお高めだけど美味しいご飯のお店が増えた。
ここはそんな中のひとつ、カレーうどん専門店。
オシャレな雰囲気で、店員さんも女性。
今回はトマトカレーうどんと冷やしカレーうどんのハーフアンドハーフを注文。
美味しいのは、やっぱりあったかいほうのうどんですね。ピリッと辛いけれど、トマトのまろやかさがミックスされて、口の中が幸福感に。

追い出しやらライスやらが標準で付いてきて、いろんなカスタマイズができます。

なかなかの良店です。
posted by 梶原もじゃ at 11:03| 東京 ☁| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

倉庫カレー(札幌)

image1.jpeg
★★★★☆

チキン、担担ブタ、海老の3種のカリー1150円。

札幌の中央市場にあるカレー屋さん。
ライスとナンが選べます。
いかにも流行りのスパイスカレーですね。

3種類とも、かなり工夫がうかがえて、オリジナリティを感じます。
とくに担担豚のキーマカレーはちょっと痺れるくらいの山椒がいい感じ。ほかのカレーと混ぜて食べてもおいしいです。

北海道といえばルーのカレーですが、スープカレーも頑張ってるなー。
posted by 梶原もじゃ at 12:53| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

小いけのカレー(函館競馬場)

image1.jpeg
★★★☆

小いけのチーズフォンデュカレー1200円。

函館に来ました。函館といえば……そうだね、カレーだね(笑)。

というわけで、競馬場内の「函館ソウルフードコーナー」にある、
小いけというカレーをいただく。
昭和20年代からの伝統のカレーなのだそうです。

普通のカレースタンドのカレーでしたが、これがレトルトで食べられるなら悪くないかも。
posted by 梶原もじゃ at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

ナイルレストラン(東銀座)

image1.jpeg
★★★★☆

ムルギーランチ1500円。

銀座の超有名カレー屋。
まぜまぜして食べるスタイルのチキンカレー。何がすごいって、このスタイルの元祖なのに、それに追随するしてここより美味しいムルギーカレーがないってこと。元祖がいまもナンバーワンって、ホントエライことだと思う。
posted by 梶原もじゃ at 14:01| 東京 ☁| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

ホットスプーン(新宿)

image1.jpeg
★★★★

濃厚牛すじ野菜カレー1058円、ドッピング3品162円。

以前、アメトーークのカレー芸人で紹介されてたお店。
いかにもこれは俺好みの欧風牛すじカレーやなーと思ったら……
思いのほか、ハチ系のカレーでした。

※ハチ……大阪・南森町にあった伝説のカレー屋。凶悪すぎる辛さに、「殺人兵器」「カレーマニア殺し」と言われていたとかいないとか。牛すじで辛さを中和しながら食べ、途中で生卵で薄めながら食べないと常人には完食できない(しかもご飯がアホみたいに多く、ルーはテーブルに置いていて追いルーかけ放題という無茶苦茶さ)。完食すると、午後からはほぼ仕事にならず廃人状態に。なのに、また次の営業日にはまた行きたくなるという有様で、月曜、水曜、金曜昼間の営業日には長蛇の列ができていた。いまだに「あれは麻薬物質か入っていた」と信じて疑わない信者も多い。
腰の曲がっても頑なに営業してくれていたお袋さんの体調不良により、惜しまれつつ閉店。いまでも関西ではあの味を再現しようと、いくつかのマニアが「ハチ系カレー」のお店をオープンしている。

……というわけで、関西ではいくつかあるハチ系が、東京でも食べられるとわかったのは何より。
辛さは選べるので、今度はもう一段辛いのにしてみよう。
posted by 梶原もじゃ at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。